Zendesk Supportのチケットと
連携が可能なクラウド型
コールセンターシステム

会話は、お客様に安心感を与え、あらゆる問題を解決します

メールやチャット、SNSなどが発展しても、電話はお客様の問題をスムーズに解決する強力な手段です。
電話は、複雑な問題であってもスピーディに解決と安心感のあるサポートを提供します。
さらに、Talkはクラウド型のコールセンターのため、セッティングも手間いらず。

通話録音

着信、発信全ての通話を録音します。
後から参照したり、トラブルシューティングや品質保証を容易に実現が可能です。
もちろん、録音データはSupportのチケットに連携します。

ブラウザベース

コールセンターを開始するのに電話機は必要ありません。
ブラウザベースのインターフェースで電話を受けたり、かけたりできます。
機器やプログラムを切り替えることなく、お客様の履歴の参照や、ナレッジベース記事の閲覧まで全てをワンストップで実現します。

自動で”チケット”が作成

お客様対応の記録や事務作業に費やされる時間は、お客様を待たせている時間ですが、その記録は重要な資産でもあります。
Zendesk Talkは、通話からチケットが自動的に作成されるため、オペレーターの作業を軽減し、お客様との会話に集中します。

SMSを使って、回答や最新情報をスピーディに通知

お客様はいつでも電話に出られるわけではありません。

問い合わせへの回答や、最新情報などのちょっとしたやりとりにお客様の手を煩わせるのではなく、Zendesk Talk「Text」のSMS機能でスピーディに、スマートにアプローチしましょう。

もちろん、お客様からのメッセージはSupportのチケットに連携するため、マクロやトリガなどの自動化機能によって、さらにスピーディに解決。

Zendesk Talkの充実した機能

発信者IDと履歴

お客様に合わせた一貫性のあるサポートを提供するため、過去のメールやチャット、他のチャネルでの履歴など、お客様の詳細な情報を自動表示します。

IVRシステム

マルチレベルの自動音声応答(IVR)システムにより、お客様の電話を適切なオペレーターまたは部署に転送したり、よくある質問に対して、あらかじめ録音したメッセージで応答することも可能です。

ラウンドロビンルーティング

途中で通話が途切れたり、ボイスメールに転送されないよう、対応可能なオペレーターに電話を自動転送し、通話がカスタマーサポートチームのメンバー間に均等に振り分けられるようにします。

リアルタイムダッシュボード

通話データのリアルタイム監視によって、リアルタイムの意思決定が可能になります。待ち時間や保留時間、中断した通話といった詳細なパフォーマンスデータを把握することで、SVは通話量の変動に瞬時に対応できます。

通話監視と割り込み

オペレーターの通話品質を確認し、適切に指導することができます。お客様のとの進行中の通話をモニタリングし、必要なタイミングで割り込むことも可能です。

フェイルオーバー

システム停止などの障害が発生した場合であっても、フェイルオーバーによって、自動的に着信通話をバックアップのための電話番号に転送し、重要な通話を継続させることが可能。

まずは、Talkの品質をあなたの耳で確かめてみましょう